FGかふぇ

読書やらカフェ巡りが趣味。読んだ本、行ったカフェの紹介がメインの雑記ブログです。ごゆるりとどうぞ。

【ネタバレあり】「ラプラスの魔女」の感想を好き勝手に語る【東野圭吾】

どうもFGです。  

 

今回は東野圭吾の「ラプラスの魔女」の感想を語っていきます。

内容には触れていくので、読んだことない人はこちらをどうぞ。

 

  

 「もし、この世に存在するすべての原子の現在位置と運動量を把握する知性が存在するならば、その存在は、物理学を用いることでこれらの原子の時間的変化を計算できるだろうから、未来の状態のがどうなるか完全に予知できる。」

 (引用:ラプラスの魔女 P342/東野圭吾)

 

この物語は、フランス人数学者の「ピエール・シモン・ラプラス(1749-1827)」が提唱した上記のような仮説を題材にした物語となっている。この仮設が後に「ラプラスの悪魔」と呼ばれ、19世紀の物理学者たちを悩ませることになる。

 

しかし、20世紀に入り量子力学の登場によって「ラプラスの悪魔」は否定される。

 

 

本書を読み終えてから「ラプラスの悪魔」について調べていて、否定されていると知ったときは少しガッカリでした。

 

もし、円華や謙人のような力をもつことができたなら...と本書を読んだ方ならみんな考えるのではないでしょうか?

 

 

感想

 物理的な要素とミステリーが融合した作品だが、同じ物理をテーマとしたガリレオシリーズとはまた違った読みごたえがあった。

 

再現性のありそうなガリレオシリーズとは違い、ラプラスの悪魔は否定されてしまった仮説ですからね。

もし現実に存在したなら...と好奇心が刺激されました。

 

〈ガリレオシリーズ〉

 

前回の記事でも触れたのですが、著者は「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった。そしたらこんな作品ができました。」とコメントしている。

 

 

今までの小説とどう違うのか?

第1に、ミステリーの醍醐味でもあるトリック、その殺人のトリックが超能力(ラプラスの悪魔の力)であること。

 

タブーに近いのではないか?と思われるこの設定だが、そのタブーで物語を引き立ててしまっているのだから見事としか言いようがない。

 

ひとくくりに超能力だからなんでもあり!

という訳ではなく、使える能力は限りなく正確な未来予知のみ。そのおかげでミステリーとして成り立つことができているのではないだろうか。

 

 

 

第2に、主人公が誰なのか?

 

タイトルから考えればラプラスの悪魔の力が使える円華なのだが、円華視点で話が中心に進むのかというと答えは否。確かに要所要所で重要な役割を果たしているのは間違いない。

 

印象に残った場面といえば、円華が青江に見せるドライアイスを使った、硫化水素事故の再現場面だ。

 

やがて彼女の足元から、白い煙のようなものが立ちこみ始めた。しかもそれは周囲に広がったりせず、下方に流れていく。

はっとした。煙の正体はすぐにわかった。ドライアイスによるスモークだ。おそらく円華は水をいれた容器にドライアイスを放り込んだのだ。

スモークはゆっくりと流れ落ちてきた。まるで巨大な白い蛇が移動するように、木々の間を抜け、草を這い、青江の方に向かってくる。驚いたことに、曲がりくねりながらも、スモークの幅は殆ど変わらなかった。拡散していないということだ。

ついにスモークは青江の足元に達した。さらに驚かされたのは、その直後だった。スモークは彼がいる地点を通過することなく、その場で滞留し始めたのだ。白い煙が、瞬く間に彼の全身を包んでいった。

(引用:ラプラスの魔女 P282/東野圭吾)

 

青江に不思議な能力の存在を確信させ、更にそれは事故の、いや事件の真相を暴いたもの。

表紙もこの場面を描いたものだ。

 

 

そして青江

彼は甘粕のブログまでたどり着いたり、温泉地で直接捜査、さらにはクライマックスの廃墟の鐘にまで登場するなど、何度も青江視点が回ってくる。ページ数だけでいえば彼の視点が一番長いのではないだろうか?

 

物語のキーマン、謙人

甘粕才生の息子であり、過去の硫化水素の被害者。ラプラスの悪魔の能力が使え、そして今回の事件の犯人。

復讐について一番のスポットを当てるとしたら彼が主人公ということになるのか?

 

 

 円華と謙人の共通点

 ラプラスの悪魔の能力を持つ円華と謙人だが、二人の共通点がとても多いな、と思った。

 

・母親を亡くしている

円華は竜巻で、謙人は硫化水素で共に幼い頃に母親を亡くしている。

 

・命の危機、奇跡の生還

上記にも繋がっているのだが、円華は母親を亡くした竜巻に巻き込まれている。謙人も硫化水素の事件に一緒に巻き込まれている。

 

・父親の狂気

脳神経外科医師である円華の父親「全太郎」は、円華が望んだ事とはいえ命を危険を犯してまで、実の娘に施術を行っている。

謙人の父親「甘粕」については...言うまでもないですね。

 

ラプラスの悪魔の能力を得る

「施術を行えば誰しも能力を得られる」というわけではないでしょう。分野は異なるが全太郎も甘粕も世間からは天才と称される人物。その特別な血筋を持ち、かつ不運な過去を過ごしたからこそ能力を目覚めさせることができたのではないでしょうか?

 

 

180°変わる人物像

諸悪の根元である甘粕才生、ブログを読んだ限りでは、娘が硫化水素を使った自殺を行い、それに息子と妻が巻き込まれて、結果娘と妻は死亡。息子は植物状態。

 

そんな悲劇に見舞われながらも、希望を見いだそうのする甘粕才生の様子がかかれている。

 

 

が、蓋を開けてみればすべて甘粕才生の自作自演。家族殺害の理由も「自分にとって完璧な家族ではなかったから」と狂気が漂う。

 

刑事である中岡が甘粕才生の本性を少しづつ暴いていく過程がかなり印象的。最初のイメージがどんどん覆されていき、ブログとは180°違った人物像が明らかになる。

 

この過程がゾクゾクする。

真実に近づいて行くにつれ、甘粕の狂気が明らかになるにつれ、どんな結末になっているのかと、ページをめくる手が止まらなくなった。

 

まとめに

なかなかボリュームのあるページ数でしたが、飽きることなくサクサク読み進めていけました。

個人的には何より、ラプラスの悪魔を題材した設定がツボでした。

実際にはありえないわけだけど、もし実在したならこんな感じなのかなぁと。そんな空想をリアルに詳細に感じることができました。

彼女の見る世界とは?「ラプラスの魔女」【東野圭吾】

どうもFGです。

 

 今回は東野圭吾の「ラプラスの魔女」を紹介してきます。

 
f:id:furikake-gohan:20170806231325j:image

 

感想はこちらで書いてます。

 

 2018年には映画化が決定されており、櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰という豪華メンバーの出演だそうで映画も是非見てみたいものです。

 

あらすじ

 不思議な娘とボディーガード

元警察官だった武尾 徹(タケオ トオル)は、ある娘のボディーガードを依頼される。その娘、羽原 円華(ウハラ マドカ)の回りでは、たびたび偶然に次ぐ偶然のような不思議な事が起きる。

円華が何処へ行くにもボディーガードである武尾がついて回り、一人で出かけることは許されない。

しかしある日、円華は武尾の隙をつき姿を消してしまう。

 

温泉地での事故

ふたつの温泉地で硫化水素による死亡事故が発生する。亡くなったのは映画プロデューサーと役者で、偶然にも二人とも映像関係者であった。

地球化学の学者である青江 修介(アオエ シュウスケ)は、警察に依頼され事故現場を調査するが、不運な偶然がいくつも重なり事故が起きたとしか考えられなかった。

 

 

刑事と学者

刑事である中岡 祐二(ナカオカ ユウジ)は温泉地の事故で夫を亡くした水城 千佐都(ミズキ チサト)を遺産目当で夫を殺害したのではないかと考える。事故現場の調査を行った青江の協力を仰ぎ地道な捜査を続けていく。

 

 

 たどりついた人物のブログ

青江は事故の真相を追ううちに、甘粕 才生(アマカス サイセイ)という人物のブログを見つける。そこには甘粕家族に起きた悲劇について語られるものだった。

そして、その悲劇の元凶もまた硫化水素によるものであった。

 

 

 

円華が姿をくらませたわけとは?過去の悲劇と今回の事故との繋がりは?そしてタイトルでもあるラプラスの魔女とは?

 

 

 読み終えて

 作家デビュー30周年記念作品として著者は「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった。そしたらこんな作品ができました。」とコメントしている。

 

本書を読み終えてから、このコメントを見たのだが、読んでいる最中に感じた違和感はこのせいかと納得した。いや、もちろん悪い意味ではない。

 

30年書き続け、さらにそれをぶち壊して新たな作風を生み出していくその精神には脱帽である。

 

東野圭吾らしい物理をテーマとした作品でもあるが、同じ物理をテーマとした著者の人気作品「ガリレオシリーズ」とは180°違った読みごたえがあった。

 

〈ガリレオシリーズ〉

 

 

 

 

蔵カフェ!?知る人ぞ知る「cafe sorte」を紹介する【埼玉県日高市】

どうもFGです。

 

今回は埼玉県日高市にある「cafe sorte」さんのご紹介。

 

国道15号線沿いにある「cafe sorte」さん

最寄り駅は西武秩父線高麗駅で徒歩約20分...駅からだとけっこう遠めですね。

駐車場もありますし車で来ることをオススメします。

 

【外観】
f:id:furikake-gohan:20170801123114j:image

手前の建物が「cafe sorte」さんです。

そう、本当に蔵なんです。

 最初は気づかずに一度通り過ぎてしまいました。(笑)

 

 

 

【入口】

 f:id:furikake-gohan:20170801183004j:plain

看板もいい味を出しています。

初めて行くお店は、いつも緊張してしまいますが、このドキドキ感がたまりません。

いざ店内へ。

 

【店内】 

 f:id:furikake-gohan:20170802065528j:plain

明るすぎない店内は落ち着いた雰囲気に仕上がっています。外の光があまり入ってこない分、ライトによる明暗のコントラストが映えている。 

 

昔ながらの掛け時計による周期的なリズムもまた心地よかったです。

 

【テーブルライト】

f:id:furikake-gohan:20170802065617j:plain

レトロな雰囲気がたまらない。店内の内装ともピッタリあっている。このライトを使わせてもらい、ゆったりと読書をさせていただきました。

 

 

 【濃厚カボチャのプリン&ラテ】

f:id:furikake-gohan:20170802065659j:plain

 今回は「濃厚カボチャのプリン」と「ラテ」をいただきました。ラテには綺麗なラテアートが...!!

 

 「cafe sorte」さんではフレンチプレスによる抽出をオススメしていて、フレンチプレスで抽出されたコーヒーは、豆の味がダイレクトに伝わるそうです。

 

濃厚カボチャのプリンは、文字通りとってもカボチャの味が濃くて濃厚な口当たり!!カボチャ本来の甘さが引き立てられていると思いました。

 

【ギャラリー(2階)】 

f:id:furikake-gohan:20170802065735j:plain

 2階はイベントスペースとして解放されていて、ギャラリー、展示販売、ワークショップなど貸しスペースとして利用されているそうです。

 

今回お邪魔したさいも、カップ、ジャム、アルバムなど様々なものが置いてありました。

それにしてもライトがいい仕事をしています。

 

店舗情報

住所:埼玉県日高市日高市梅原64-8

営業時間:月・木・金・日(11:30~18:00)

                 ※日曜のみ(12:30~)

                 ※L.O  17:30

定休日:火・水・土

駐車場:4台

HP:http://cafesorte.com

 

 まとめ

  素直に是非また訪れたいと強く思いました。

素敵な空間と時間をありがとうございました。

 

「cafe sorte」さんのHPでは、オーナーさんの経歴やコーヒーにかける熱い思いなども語られています。その情熱に心を打たれました。是非覗いてみてください。

 

埼玉県内のカフェ

 

 

 

【ネタバレあり】小説「終電の神様」の感想を好き勝手に語る【阿川大樹】

どうもFGです。

 

今回は阿川大樹さんの「終電の神様」の感想を語っていきます。

 

ネタバレありなので、未読の方はこちらをどうぞ。

 

 

 

 

感想

 まさに終電の「神様」がいて、登場人物たちを助けてくれているのでは?と思わせてくれる作品。

 

 第一話  化粧ポーチ

このお話の神様のお仕事は夫婦円満

 

読み進めていき思ったのが「騙された!」でした。緊急停車した満員電車、忍び寄る痴漢の手。痴漢に狙われているのが女装した男性だったとは、まったくの予想外でした。

 

しかし、読み返してみるとしっかりヒントはでているんですよね。例を出すと

 

「わたしがふだんスカートを穿かないからだ。」

(引用:終電の神様 P8/阿川大樹)

 

「女は得だと思う。今日のように外出するといつも思う。」

(引用:終電の神様 P18/阿川大樹)

 

などなど。

普通に読み進めていくぶんには気づきませんでしたが、真相を知ってしまうと「なるほど、そりゃそうだ」と思ってしまいます。

 

スカートを穿かないのは、男だから

今日のように外出すると得だと思うのも、男だから。

 

結末部分がまさに終電の神様による粋な計らいです。

もし、電車か止まらずにすんなり帰れていたなら化粧を落とせる時間が十分にあったわけですからね。

 

 

第二話 ブレークポイント

元気が出る、自分も頑張ろうと思えるお話。

 

ここでの神様の仕事は、困難に立ち向かう主人公の背中を押してくれたこと。

 

 小さなIT会社に勤める主人公。

 どん詰まりの状況でも前を向く彼に、新しい出会いと気分転換のボクシング、幸せの結婚報告を与えてくれたのは、まさに電車が遅れてくれたおかげではないだろうか。

 

会長の優しさと言葉にも沁みるものがある。

「人生とちがって、ボクシングのラウンドは三分しかない。それでもけっこう長い。(中略)すべてがうまくいかないこともある。なんの手立てがないときは、まずはただ倒れずにゴングが鳴るまで立ってることを考えればいいんだ。」

倒れずに立っていれば必ずゴングが鳴る。

なんだか名言だ。少なくとも今の自分にとっては。

(引用:終電の神様 P91/阿川大樹)

 

 

第三章 スポーツばか

ここでの神様の仕事は、恋愛のお手伝い。

 

私は確信は持てないのだが、電車が遅れて主人公が彼の家に行くのが遅れたために、二人でサイレンを聞くことができ、彼が「郵便局が火事になった」という嘘を思い付いた。

 

という解釈でいいだろうか?よろしければみなさんの意見を伺いたい。

 

 

第四話  閉じない鋏 

ここでの神様の仕事は、覚悟と決意の時間を与えてくれたこと。

 

不思議なことだが、母から知らせを受けたとき、助かってくれという気持ちは起きなかった。「運命の日が来た」と自然に思った。と同時に、動かなくなった電車の中で、父への対応をくやむ気持ちが自分を圧倒しはじめていた。

(引用:終電の神様 P158/阿川大樹)

 

誰しもが直面する両親との別れを描いたお話。

電車が止まってしまい、父がいる病院へ行くのが遅くなってしまうのだが、無理矢理にでも主人公に考える時間を与えるために電車を止めたのではないかな、と思った。

 

現実を受け止める覚悟と、家業を継ぐ決意。

 

決意の後押しをしてくれたのは、小料理屋で偶然あった男性だが、素敵な出会いではないか。

 

個人的な話になってしまうが、私の両親は自営業で働いており、私はサラリーマンとして働いている。

 

主人公と重なる部分が多く、しかもなかなかに重い話。似た部分が多いなと気づいた瞬間に他人事ではないなと強く思った。

 

両親との別れは避けられない。悔いをなるべく残さないようにしようと改めて思った。

 

 

終わりに

四話までは実際に終電の電車に閉じ込められた話。

五話、六話、七話は人身事故側の話になっている。

 

迷ったところだが、「終電の神様」としての話は4話までではないか?と思ったので今回はここまでにさせてもらう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

感動のヒューマン・ミステリー、小説「終電の神様」を紹介する【阿川大樹】

どうもFGです。

 

満員電車や人身事故による電車遅延

電車を利用されている方ならどなたでも経験したことがあるのではないでしょうか?

 

私自身、満員電車では忘れられないエピソードが1つありまして、足元に置いた荷物が満員電車で身動きができないがために回収できず、結果私だけが電車を降りて荷物だけを電車においてけぼりにさせたことがあります。

 

最終的には、終点の駅で無事回収されて手もとに戻ってきたわけですが、リュックだけがぽつんと置かれ、電車に揺られている所を想像するとシュールでなりません。

 

さて、今回はそんな誰にでもある日常を切り取った作品、阿川大樹さんの「終電の神様」の紹介です。

 

f:id:furikake-gohan:20170727081607j:plain

 

感想は別記事で書いています。

きっかけ

駅ナカの本屋さんにふらりと立ち寄ったとき、入口付近に大きなポップで「第9回 エキナカ書店大賞受賞」とあり、この作品が紹介されていました。

 

エキナカ書店大賞なんて初めて知りましたが、調べてみたところ、JR東日本リテールネットが運営するブックエキスプレスが主催しているもので、主にJR東日本の駅構内で営業しているブックエキスプレスとHINT INDEX BOOKの書店員が読み、面白い、お客様にも薦めたいと思った本の中から選考され、大賞が決定されるそうです。

 

「本屋では8割りが衝動買いが占めている」

という話を聞いたことがありますが、まさに私もその通りでポップに目を奪われ、タイトルにひかれて思わず買ってしまいました。

 

 

あらすじ

この緊急停車からドラマが動き出す

父危篤の報せに病院に急ぐ会社員、納期が迫ったITエンジニア、背後から痴漢の手が忍び寄る美人

それぞれの場所に向かう人々を乗せた夜の満員電車が、事故で運転を見合わせる。この「運転停止」が彼らの人生にとって思いがけないターニングポイントとにり、そして......あたたかな涙と希望が湧いてくる、感動のヒューマン・ミステリー。

(引用:終電の神様 裏表紙より/阿川大樹)

 

 

読み終えて

第一話  化粧ポーチ

第二話  ブレークポイント

第三話  スポーツばか

第四話  閉じない鋏

第五話  高架線のタツ子

第六話  赤い絵の具

第七話  ホームドア

 

以上の7話で構成されていて、それぞれが独立したショートストーリーとなっています。

 

まさに終電の「神様」がいて、登場人物たちを助けてくれているのでは?と思わせてくれる作品。

 

個人的には第四話の「閉じない鋏」と第七話の「ホームドア」が強く印象に残っています。あらすじに「あたたかな涙と希望が湧いてくる、感動のヒューマン・ミステリー」とありましたが、その言葉に偽りなしです。

 

もし事故による「運転停止」がなかったら逆にどうなっていたのか?そんなことをつい考えてしまいました。

 

 

 

エランズカフェさんに新メニューが出たということで行ってきた【鶴ヶ島】

どうもFGです。

気づけば蝉が騒がしく鳴く季節になりましたね。 

 

今回は埼玉県鶴ヶ島市にあるエランズカフェに夏期限定の新メニューが出たということで早速行ってまいりました。

 

紹介はこちら

 

 

【外観】

f:id:furikake-gohan:20170723201037j:plain

グリーンカーテンとしてフウセンカズラが育てられています。前回来たときにはまだ全然育っていなかったと記憶していますが、さすがは夏、植物は一気に成長しますね。

 

外観は夏らしく、また店内から見るグリーンカーテン越しの景色は涼しげがあってリラックスできますよ。

 

新メニュー

浅いり 水だしアイスコーヒー

が今回新メニューとして追加されました。

 

ホットでは「浅いり」と「深いり」と両方ありましたが、アイスのほうは「深いり」だけだったんです。好みに合わせて選べるので、夏のこの暑い時期には嬉しいです。

 

【浅いり 水だしアイスコーヒーフレンチトースト

 f:id:furikake-gohan:20170723203447j:plain

はい、こちら!!(写真撮る前にミルク入れてしまいました。)

 

浅いりなのでサッパリした飲み心地だった印象です。個人的にはアイスコーヒーなら浅いりのほうが好みかも。

 

フレンチトーストは机に運ばれてきた瞬間に、ほのかな甘い香りがして食欲をそそられます。冷めないうちに食べるのがオススメです。

 

付け合わせで、ブルーベリーシャーベットとフローズンヨーグルトがついています。個々に食べるもよし!フレンチトーストと一緒に食べるも、もちろんよし!!

 

またこの付け合わせなのですが、時期によって変わります。前はマンゴーシャーベットだったり、イチゴのコンポートだったり!!

 

同じメニューでも違う味わいが楽しめるのは嬉しいところ。

 

今回はこのへんで

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらもどうぞ。

 

 

【ネタバレあり】小説『ギンカムロ』の感想を熱く語る【美奈川護】

どうも、夏が大好きなFGです。

 

今回は『ギンカムロ』の感想を語っていきます。

 

内容には触れていくので、読んだことがない方は、こちらをどうぞ。

 

 

きっかけ

本屋さんで、その鮮やかな表紙に思わず目を奪われる。

f:id:furikake-gohan:20170716185725j:plain

そして冒頭部分を読んでいただき購入を決めました。

 

「花火には、二つしかない」

山頂から吹き降りてくる秋の風が、厳粛な空気の隙間を舐めるように吹いていた。

「一瞬で消えるか、永遠に残るか...その二つしかない」

(引用:ギンカムロ P7/美奈川護)

 

花火には二つしかない。一瞬で消えるか、永遠に残るか。

 

なんか深いと思いません?

 

感想

花火そして花火職人に焦点を当てた作品なので、当然かもしれないが、花火の描写が丁寧で文章からでも夜空に浮かぶ大輪が目に見える様だった。

 

そして様々な種類の打ち上げ花火が登場する。

 

第一章は花万雷

第二章は紅色千輪

第三章は五重芯変化菊

第四章は銀冠

 

と章題もすべて玉名になっている。 

打ち上げ花火の種類なんて、初めて知りました。

今までは3号玉とか、4号玉などの大きさ

また、スターマインなどの打ち上げ方しか知らなかった。

 

第三章に出てくる花火の正式名称なんて『昇群光小花付五重芯引先銀乱』ですからね。RPGのゲームに出てくる必殺技のようですね。

 

さて、第一章の花万雷だが

花万雷とは、花火玉の中に大きな炸裂音を発する『音物』と呼ばれる粒を複数個入れ、更にチタン合金などを混ぜて光を放つようにした花火のことである。夜の花火打ち上げの開始の合図を告げる際に打ち上げられることが多い。

(引用:ギンカムロ P50/美奈川護)

 

物語の始まりとして、これ以上の花火はないだろう。

 

万雷は、始まりを告げる花火

 

物語の始まりを、そして昇一の花火職人への第一歩をうまく表現していると感じた。

 

また第一章のうちから、心に残るシーンや台詞がどんどんでてきた。ひとつ挙げるとするなら

 

「たった一人の人間の心も動かせない花火師が」

高峰煙火工業の藍染印半纏が、明滅する星のように一瞬だけ光る。

「何百万人もの観客を、感動させることはできませんよ」

(引用:ギンカムロ P83/美奈川護)

 

風間さん...あんたカッコよすぎるよ...

職人魂ですね...

 

 この他にも風間さんは、身にしみる事を言ってくれるんですよね。小さな事を疎かにしてて、成功はありえないって事がよくわかります。

 

 

第一章は盲目の方へ向けてなので音で、第二章では色弱の方へ向けて様々な赤を。

 と、色鮮やかで華やかさだけが花火なのではないと、そんな単純な物ではないと思いしらされた。

 

 

さて、タイトルでもあり表紙でもあり章名にもなっているギンカムロについて。

 

銀冠は、もっとも難しい花火と言われている。

銀は、非常に高い温度で星を燃焼させなければ出ない色だ。更に『冠菊』という型は光跡が消えずに垂れ下がる花火なので、星を長い時間、高い温度で燃焼させ続けないと、最後まで美しい色が保てない。銀色の冠菊...つまり銀冠は,非常に高度な技術が必要な花火だと言われている。

(引用:ギンカムロ P112/美奈川護)

 

第四章では、ギンカムロとはなんなのか?誰の、どんな思いが込められているのか?

それが集約されているようだった。

 

実際、第四章はかなり暗い話題が続く章だったが、それでこそ、いやだからこそ「鎮魂の花火」と言われるギンカムロ、これが映えているのだろうと感じた。

 

 

 今までただ漠然とキレイだなぁ、と眺めていた花火だったが、「何故花火は美しいのか?」本書を読んで、その意味がわかった気がする。

 

打ち上げてから消えるまでの、たった7秒に職人が全てを賭けているんですからね。それがキレイじゃないはずないですよね。

 

 

物語自体も、もちろん堪能しましたが、

普段は絶対見ることのない、花火職人目線の世界、打ち上げ花火の知識に触れることができ、とても満足しています。